採用される活動をするか就職試験で上位を目指すか

 私が希望した就職先は、公務員でした。

 

 就職成功すべく試験の準備を始めたのは、大学三年の夏でした。

 

 特に学校に通うことはしなかったです。

 

 教材を買って自分で勉強しました。

 

 過去問や通信教育、全国模試を受けた事もないです。

 

 公務員試験には、知能テストのような一般知能があります。

 

 これは、あまり勉強しなかったです。

 

 一度テキストを解いて終わりでした。

 

 一般教養については、得意な分野を確実に点を取るようにしました。

 

 苦手分野については、勉強する気が沸かないので捨てました。

 

 そもそも四択ですので25%の確率で正解になります。

 

 私の場合、完全に点を取るところと25%の確率で点を取るところという分業体制だったです。

 

 

[人気記事]
32歳転職サイト口コミ人気ランキング
32歳の転職は今まで取得してきた資格やスキル、これまでの実績を問われることでしょう。ですので、転職で活かせる資格特集や転職活動術を公開している。32歳の方を全力でサポートしています。

 

 このやり方は、自分の思惑が外れると、がたがたになるケースもあるので、絶対に自身がある方でないとお勧めしません。

 

 専門試験については、やはり、一番時間を割いたと思います。

 

 この分野は、勉強すればするほど点数が上がります。

 

 一番差がつくポイントです。

 

 それに採用されてからも役に立ちます。

 

 試験に優秀な成績で合格すれば、採用面で全く問題はありません。

 

 転職では採用される活動をすべきでしょうが、就活では試験でよい順位を心がけるべきだと思います。


このページの先頭へ戻る