気持ちも時間も余裕をもって転職活動

 転職を考えたきっかけは勤務先の経営状況が悪くなってきた事に加え、結婚を機に収入を上げたいと考えた事でした。望んでいた職種であり、仕事に不満があった訳ではありません。今思えば浅はかな考えだった様に思います。転職を決意した後、まず上司に相談をし、辞める時期を決めました。次の会社が決まった際に、すぐに動ける様にしておきたいと考えました。また、所属してた部署で新たにプロジェクトを任された際に途中で抜ける事で仲間に迷惑をかけたくないという思いから、先に時間軸を設定しました。いざ、転職活動を始めると、立て続けに面接で不採用通知を受けました。同業界への転職を希望していましたが、創造以上に厳しい現実を思い知りました。途中から正社員採用だけを条件として、企業規模、業界にこだわらず、活動範囲を広げました。

 

 タイムリミッドが近づき、焦り始めた時に採用通知を戴き、そこに決めようと思った頃、たまたま共に食事をした友達に相談した際、その会社で何がしたいのかと問われました。ごく当たり前の質問に即答ができませんでした。焦りから冷静な判断ができず、ただ次の会社を見つける事が目的になっている事に気付かされた瞬間です。結局は無職の期間が1ヶ月ほどあり、興味のある職種へと転職する事ができましたが、状況次第では大変な事になる所でした。


このページの先頭へ戻る