転職前に考える-自分の進みたい道

 私は3回の転職をしました。1回は会社内の応募での職場転換、2回は会社が変わるいわゆる転職です。

 

 転職をするにあたっては、様々な理由があるかと思います。自分自身のステップアップを目的としてといった、非常に前向きな転職もありますが、仕事や職場が合わないといった、やむにやまれる理由もあるかと思います。後者であったとしても、何も恥ずることはありません。事実として、転職理由として、職場の人間関係を理由にする人は80%もいるのです。

 

【おすすめ記事】
45歳が転職できる理由
時には客観的な意見も必要です。45歳の転職にプロの力を借りる。

 

 転職をするにあたって一番考えるべきことは、自分が何をしたいのか?です。業種・業界ということだけではなく、もっと広い意味で、自分が何をしたいのか?ということをよく考えるべきだと思います。会社や職場を変わったとしても、しばらくするとマンネリ化したり、何かしらの達成感から、やがて仕事に対するモチベーションが下がることがあるかもしれません。

 

 でもそういった時でも必ず考えるべきは、自分が何をしたいのか?何を成し遂げたいのか?です。その解を得られるのは、どんな仕事なのか、ひょっとすると、会社の従業員という形では、解がない場合もあるもしれません。様々な迷いがあったとしても、自分が進むべき道を自分の中に持っていれば、一歩ずつでも進むことができるのです。

 

なので、転職というものだけにこだわらず、その機会に自分の進むべき道を考えてみることをおすすめします。


このページの先頭へ戻る