面接の重要性

 みなさんの転職活動は順調に進んでいるでしょうか?もし、あなたが面接までは進むけれども、なかなか就職が決まらない、というのであれば、今一度、面接の基本を振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

 いくら素晴らしい経歴をお持ちの方でも、最終的に採用担当が採用を決定するか否か、あるいは企業のトップが決断を下すのは、「面接」次第だと言われています。これは逆の見方をすれば、多少経歴に自信のない方でも、面接次第ではグッと就職のチャンスを引き寄せられるということです。

 

【Pick Up】
45歳の転職に関する問題解決
年齢?年収?キャリア?40代の転職で解決すべきいくつかの問題。体験談や解決法はこちらから。

 

 しかし、企業で長年勤めていると、「面接」というものからは随分遠ざかってしまうのではないでしょうか。しかし、面接は「商談」という捉え方をすることもできます。要するに、自分という「商品」を売り込む訳ですから。そう考えると、すべてが完璧に整った台本通りのことを話したところで、何だか胡散臭いと感じられるでしょう。

 

 想像してみてください。あなたが何かのセールスマンから売り込みを受けたとして、キレイな言葉ばかり並べられたら、どう思うでしょうか。

 

 面接は、人と人のコミュニケーションです。その原点=当たり前のことに立ち返って、もう一度面接で話すことを考えてみましょう。それは、当日相手とのやり取りをしながらアドリブで受け答えするのも良いかもしれません。当たり前と思っていることほど、改めて意識することで、きっとあなたの転職活動は今以上にスムーズとなるでしょう。


このページの先頭へ戻る