「即決採用」に気をつけて

 転職がうまく行かないときや、年齢・経歴などの関係でなかなか採用してもらえないとき、つい飛びついてしまうのが面接で即時に採用してもらえる会社です。実はここに、転職先を見分けるポイントがあるのです。

 

 そもそも求人の募集は、どんな会社でも大事な人材を確保するため計画的に行いたいものです。それを、応募した方がいくら優秀だと言ってもすぐに決めてしまうことには「なにか理由がある」と考えなければなりません。

 

 特に求人の応募を即決で採用したり、すぐ採用すると言いながら賃金や労働時間などの条件をはっきり示さない企業は要注意です。

 

《特集ページ》
新卒求人の情報
新卒向けの求人に関連した情報。就職成功体験談や、受けられる就職活動のサポートもこちらです。

 

 そこは、ブラック企業なのかもしれません。条件が悪いから従業員が定着せず、そのために応募者は即決で採用し、辞めるまでこき使う、という会社もあります。労働基準法では、会社は従業員を雇い入れる際に労働条件を書面を渡して明らかにしなければならないことになっています。

 

 これが守られておらず、求人を長期間出しているのに応募者を即決で採用するのは、ひょっとしたらその会社では、採用後の従業員が定着しにくいからなのかもしれない、そういう考え方をもって面接にいくことも心がけたほうがよいでしょう。
 面接では、会社の求人担当者が面接を行うほかに応募する人も、会社の雰囲気や説明、求人担当者の態度を通じて会社を面接できるのだ、と思ってください。


このページの先頭へ戻る