転職活動の際の企業研究の重要性

 転職活動を行う際に転職を希望している会社が決まったら、企業の研究をすぐに行います。企業研究の作業は、転職先で働く事が自分のこれまでに行った仕事のキャリアに適ったものである事を確認します。転職先の企業で働く事に関して、自分のこれまでのキャリアと合致しているかどうかの精査と書類選考や面接などの採用試験の対策を行う事が、企業研究の段階で行う場合の基本です。

 

 企業研究に関して、応募の段階で最初に行う事として、業界の情報や企業の情報などを集める事は基本です。求人内容に関しても確認する事項ではあるが、企業に入社をするという事は自分が企業の一員として認識して、企業の事を知っておかなければならないという事をわきまえながら企業研究を行う事です。

 

 企業の業界に関する情報は、業界の内容が詳細に書かれている本などを参照して、業界の知識を事前に勉強しておく事が大事であって、企業訪問や電話などで企業や業界の知識を取り入れておくことも企業研究になります。

 

 企業研究の際に企業を調べる方法として、インターネットで企業のホームページを参照したり、専門誌などで確認する事ができます。但し、あくまでも更新時の情報しか掲載されていないので、リアルタイムの情報を聞き出すためには、人材紹介会社や会社などの人脈からの情報に頼るという方法もあります。

 

【注目サイト】
20代転職サイト
20代の転職を支援するためのサイト!

 

サイトマップ|弁護士法人法律事務所MIRAIO

 

 企業を検討する際に一つの情報の媒体に頼らずに、なるべく多くの媒体で情報を集めるという心がけが必要です。しかし、あまり企業研究に時間をかけすぎると肝心の応募が遅れてしまう場合があるので、ある程度の情報と知識で応募に踏み切って、採用試験の日まで企業研究を行う事が効果的です。


このページの先頭へ戻る