転職活動を行う際の求人情報誌の活用

転職活動の際の求人情報誌を利用する場合

 

 転職活動で欠かせないツールとして、求人に募集するための求人情報誌であるが、求人情報誌には有料のものと無料のものがあります。最近では書店などに無料の求人情報誌が置いてあって、主に無料の求人誌がおいてある地域の周辺の求人情報が掲載してあります。

 

 自分が住んでいる周辺の地域に転職を考えている人は、自分の住んでいる地域の書店などに行って、無料の求人誌を持ち帰って、転職活動で無料の求人情報誌を活用する事です。アルバイトやパートの求人も多く掲載されているので、正社員を目指す人は正社員の求人があるかどうかを確認します。

 

新聞の求人に関する広告を利用する場合

 

 地方新聞には求人広告が基本的に1週間に1回だけ掲載されていて、時期によっては新聞に掲載されている求人広告が多くなる場合があります。新聞の求人の場合は、求人誌よりも求人数が少なくて、応募が殺到する傾向がある事を留意しなければならないです。また、求人広告の詳細に関する情報が、求人誌に比較して少ないために仕事の概要を知りたい場合は、直接的に広告に掲載している会社に問い合わせる方が良いです。

 

 求人情報を得るために新聞を利用する場合は、わざわざ新聞を購読する必要が無くて、図書館などの公的な施設に通って、求人情報を得る事が良いです。

 

【参考サイト】
30代の仕事探しに重要な転職ノウハウ
仕事探しをしている30代におすすめの情報!

 

新聞に入っているチラシなどの求人広告

 

 新聞の中に入っているチラシは、時々商品などの広告の他にも求人の広告が紛れて入っている場合があります。チラシの中身に関して、基本的にはアルバイトやパートの求人広告であるが、稀に正社員の求人が入っている場合があります。メリットは発行している地域で求人の情報がたくさんあるので、自分が勤務したい地域で転職をしやすい事です。


このページの先頭へ戻る